2022.03.16
ニューズレター

[コラム] 「民訴法学あれこれ #02 訴訟行為」:高橋宏志(顧問)

詳細

私は、50年、民訴法の研究者として過ごしてきた。その間に、民訴法学もずいぶんと変わったと言うことができ、そのいくつかを綴ってみることとする。今は昔、の物語である。
 

今回は、訴訟行為である。第二次世界大戦で途絶えていたドイツ民訴法学(当時は西ドイツ民訴法学)の動向が戦後に本格的に伝わってきたのは昭和30年(1955年)前後からであろう。その戦後のドイツ民訴法学界で大きく議論されていたのが、訴訟物論と訴訟行為論であった。

 

続きはこちらをご覧ください。

 

【関連リンク】

発行年月
2022.02
業務分野
会社法関係争訟/一般民事訴訟
掲載先

ニューズレター

著者等
顧問/コンサルタント

高橋 宏志 Hiroshi Takahashi

お問い合わせ