海外子会社の人事労務問題

日本と同様に外国にも労働者保護の観点から様々な労働法が存在しており、違反した場合には行政処分や刑罰の対象となることがあります。また、労働法は、その国や地域の文化や習慣の影響を受けやすく、外国の労働法には日本の労働法には無い内容が含まれていることがあります。そのため、グローバル展開する日本企業にとって、海外子会社の所在国・地域の労働法を把握し、遵守することは、非常に重要です。当事務所は、海外子会社の人事労務問題(グローバルでの統一的な人事制度や人事ポリシーの導入、役員や従業員の海外子会社への派遣、海外での企業再編・人員削減、海外子会社の役員の解任等)についても、当事務所の外国支店や海外の法律事務所の弁護士と協働し、アドバイスやサポートを提供しています。

 

 

関連弁護士等

パートナー

バニー・L・ディクソン Bonnie L. Dixon

お問い合わせ
パートナー

川村 彰志 Akimoto Kawamura

お問い合わせ
パートナー

宮塚 久 Hisashi Miyatsuka

お問い合わせ
パートナー

山島 達夫 Tatsuo Yamashima

お問い合わせ
パートナー

内田 恵美 Emi Uchida

お問い合わせ