労働行政当局対応

労働局、労働基準監督署等の当局は、労働法の遵守について、企業に対し、助言・指導する権限を有し、また違反に対しては是正勧告や企業名公表を行う権限を有していることがあります。数年前から取り締まりが非常に厳しくなった違法残業の問題、関連法の改正により規制が強化されたハラスメント問題等の様々な労働問題について、労働者や労働組合の申告等を契機として当局による調査が行われることもあり、適切に対応しない場合、関係者や企業が送検されるリスクもあります。臨検等では、会社としての認識も示しつつ、的確に状況を説明する観点から、弁護士が代理人として監督官等に対応することも有用です。当事務所は、元検察官の弁護士も多く擁し、必要に応じて同弁護士らもチームに加え、当局対応について適切にアドバイス、サポートします。

 

 

関連執筆物

関連セミナー

 

関連弁護士等

パートナー

バニー・L・ディクソン Bonnie L. Dixon

お問い合わせ
パートナー

川村 彰志 Akimoto Kawamura

お問い合わせ
パートナー

宮塚 久 Hisashi Miyatsuka

お問い合わせ
パートナー

山島 達夫 Tatsuo Yamashima

お問い合わせ
パートナー

内田 恵美 Emi Uchida

お問い合わせ