不正競争防止/営業秘密・限定提供データ保護

不正競争防止法は、周知・著名商品等表示等の商品主体混同行為や形態模倣、営業秘密の侵害、限定提供データの不正取得、品質等の誤認表示、営業毀損など、様々な不正競争行為を禁止しており、自社ビジネスの保護のための重要な手段の1つです。特に、企業活動においては、多大な費用と労力をかけて生み出されたノウハウの流出はその市場における優位性を揺るがせる事態になりかねず、営業秘密の保護は重要です。また、近時取扱いが注目されるデータの中には、知的財産権による保護が及ばないものもあり、営業秘密や限定提供データの適切な活用が有益な場合も少なくありません。


当事務所では、不正競争防止法違反に基づく訴訟・仮処分事件・調停・交渉等の紛争対応のみならず、営業秘密や限定提供データ保護のための情報取扱規程等の関連文書の作成・整備や従業員のトレーニングに関するアドバイス等を含む不正競争防止法に関する幅広いサービスを提供しています。

 

 

関連執筆物

関連弁護士等

パートナー

笠原 智恵 Chie Kasahara

お問い合わせ
パートナー

大橋 君平 Kumpei Ohashi

お問い合わせ
パートナー

藤本 豪 Go Fujimoto

お問い合わせ
パートナー

落合 孝文 Takafumi Ochiai

お問い合わせ
パートナー

奥原 力也 Rikiya Okuhara

お問い合わせ
パートナー

村川 耕平 Kohei Murakawa

お問い合わせ
パートナー

松下 外 Gai Matsushita

お問い合わせ
パートナー

新舍 千恵 Chie Shinsha

お問い合わせ
アソシエイト

片柳 真紀 Maki Katayanagi

お問い合わせ