下請法/景品表示法

下請法・景表法は、それに特化した対応を行っていなければ法令違反を防ぐことが難しい法律です。違反による企業ブランドに対するダメージは年々大きくなっています。下請法に対応するためには契約書をはじめとする書面の整備から支払いサイトの管理まで大規模な業務改革が必要になることも少なくありません。景表法においても、特に広告規制の分野においては監督官庁である消費者庁の判断の傾向を的確に把握し、期待される広告効果を必要以上に損なわないような判断ができるようにするには、社内の相談体制の整備や熟達した担当者の確保が不可欠です。当事務所の下請法・景表法支援サービスは個別案件の法律相談だけでなく、中長期にわたりクライアント企業に伴走し、体制構築と人材教育の支援を行うなど、クライアント企業の幅広いニーズに対応しています。

 

 

関連セミナー

 

関連弁護士等

パートナー

由布 節子 Setsuko Yufu

お問い合わせ
パートナー

宮塚 久 Hisashi Miyatsuka

お問い合わせ
パートナー

藤本 豪 Go Fujimoto

お問い合わせ
パートナー

山島 達夫 Tatsuo Yamashima

お問い合わせ
パートナー

花田 さおり Saori Hanada

お問い合わせ
パートナー

松浦 雅幸 Masayuki Matsuura

お問い合わせ
パートナー

三浦 悠佑 Yusuke Miura

お問い合わせ
パートナー

村川 耕平 Kohei Murakawa

お問い合わせ
パートナー

眞野 堅太郎 Kentaro Mano

お問い合わせ
アソシエイト

青木 智也 Tomoya Aoki

お問い合わせ