反社会的勢力対応/マネーロンダリング対策(AML)

暴力団をはじめとする反社会的勢力からの不当要求や反社会的勢力との取引関係は、対応を誤れば、監督当局からの行政処分、社会的信用の失墜やそれに伴う顧客離れなど、企業価値を大きく毀損するリスクにつながります。また、企業が気付かないうちに反社会的勢力と取引関係に入るリスクも考えられます。


当事務所では、検事経験者を含む経験豊富な弁護士が、安全を確保した上での反社会的勢力との関係解消、企業価値の毀損を最小化するためのマスコミ対応などについて、依頼者のニーズに応じたサポートをしています。
また、テロ・犯罪組織がその資金の出所を偽装するマネーロンダリングにも同様のリスクがあり、その対策にも対応しています。

 

 

関連資料

関連弁護士等

パートナー

早川 真崇 Masataka Hayakawa

お問い合わせ
パートナー

木村 勇人 Hayato Kimura

お問い合わせ
オブ・カウンセル

清水 真一郎 Shinichiro Shimizu

お問い合わせ
オブ・カウンセル

鈴木 大輔 Daisuke Suzuki

お問い合わせ