シンガポール

シンガポールは、数多くの日系企業が地域統括会社を設立する、東南アジア地域の事業展開における重要な活動拠点です。地理的には、東南アジア地域のほぼ中心に位置し、名実ともに、同地域における金融・物流・情報のハブとして知られています。このようにシンガポールは日本企業にとって戦略的重要性を増していますが、近年、シンガポール競争・消費者委員会による競争法違反行為の摘発が活発化しており、日本企業が対象となる例も少なくありません。


また、シンガポールは、国際的な紛争解決のハブとしても知られており、シンガポール国際仲裁センター(SIAC)、シンガポール国際商事裁判所(SICC)、そして、シンガポール国際調停センター(SIMC)等の世界的にも有名な紛争解決機関が存在します。日系企業においても、東南アジア地域を含む国際的な紛争の解決のために、シンガポールを仲裁地とする国際仲裁を利用することは少なくなく、今後、その重要性は増すことが想定されます。


当事務所の弁護士は、国際商業会議所(ICC)やSIACにおける国際仲裁手続への代理人としての関与を含め、豊富な実務経験を有しており、仲裁開始前の暫定措置、仲裁申立て、仲裁人選任、証拠開示・証人尋問手続、仲裁判断の執行・執行拒絶・取消などについて、現地法律事務所と連携して、依頼者の利益を最大化するべく、迅速かつ適切な戦略を提案します。

 

 

関連執筆物

  • 「シンガポール国際仲裁の実務上の諸問題と対策 -簡易仲裁手続を例として-」JCAジャーナル 2018年4月号、5月号(2018)
  • 「Singapore International Commercial Court (SICC) の設立とその実務」JCAジャーナル 第62巻第7号(2015)

 

関連セミナー

 

関連弁護士等

パートナー

大串 淳子 Junko Ogushi

お問い合わせ
パートナー

村川 耕平 Kohei Murakawa

お問い合わせ
パートナー

松下 外 Gai Matsushita

お問い合わせ