内部通報制度(国内・グローバル)

内部通報制度は、企業内部の問題を知る従業員等から経営上のリスク情報を幅広く入手することで、早期の問題把握・是正措置の実施を可能とするための仕組みであり、コンプライアンス経営を推進してステークホルダーからの信頼を獲得し、企業価値を高めるために不可欠なものです。


当事務所では、内部通報制度に精通する弁護士や社内調査の経験が豊富な元検察官などの弁護士が、内部通報制度の構築、通報を受けての社内調査、通報者対応や調査後の関係者に対する処分についての助言のほか、内部通報の外部窓口となるなど、内部通報制度について総合的な運用支援を行います。


また、日本企業が海外に子会社及び事業所等の拠点を有する場合に、これらの海外の拠点で勤務する従業員等から通報を受けるというグローバル内部通報制度の構築や運用支援についても、当事務所は豊富な実績を有しており、これに伴うデータプロテクション法制等への対応等の助言も行っています。

 

 

関連リンク

関連弁護士等

パートナー

早川 真崇 Masataka Hayakawa

お問い合わせ
オブ・カウンセル

鈴木 大輔 Daisuke Suzuki

お問い合わせ
アソシエイト

青木 智也 Tomoya Aoki

お問い合わせ