バイオテクノロジー

生物や生物の構成成分の機能を利用、応用するバイオテクノロジーの可能性は、ゲノム科学の進展によりさらに広がっており、今後ますますゲノムデータを用いた研究活動が活発になることが予測されます。一方で、一般消費者が検査キット等を用いて簡易に遺伝子検査を受けられるサービスも普及しています。ゲノム情報は、機微性の高い個人情報が含まれること、科学技術の進展等によりさらなる情報が明らかにされる可能性があること等から慎重な取り扱いが求められます。当事務所では、バイオテクノロジーによって生み出された新たな物質に対する法的保護をどのようにすべきかといったアドバイスから、研究に関する倫理指針対応や契約書作成サポート、ゲノムデータを用いた新規事業の規制チェック等のリーガルサービスを提供しています。

 

 

関連セミナー

 

関連弁護士等

パートナー

宮塚 久 Hisashi Miyatsuka

お問い合わせ
パートナー

橋本 豪 Go Hashimoto

お問い合わせ
パートナー

藤本 豪 Go Fujimoto

お問い合わせ
パートナー

落合 孝文 Takafumi Ochiai

お問い合わせ