品質不正/検査偽装

企業活動を行う上で、品質不正や検査偽装等の問題が発覚した場合、事実関係を把握するために社内調査や第三者委員会による調査等を行うとともに、顧客やステークホルダーへの情報開示、規制当局への対応等を迅速に行う必要があり、これらの一つ一つの対応が、その後の企業価値の維持・回復に直接かかわってきます。不正や偽装の対象によっては、顧客等の生命や身体への安全を確保するためにも特に迅速な対応が求められます。


当事務所では、品質不正や検査偽装等の案件への対応の経験を活用し、当局の視点も取り入れながら、サポートを行っています。

 

 

関連資料

関連弁護士等

パートナー

鈴木 大輔 Daisuke Suzuki

お問い合わせ
パートナー

髙橋 佑太郎 Yutaro Takahashi

お問い合わせ
オブ・カウンセル

清水 真一郎 Shinichiro Shimizu

お問い合わせ
アソシエイト

青木 智也 Tomoya Aoki

お問い合わせ