インサイダー取引/相場操縦

会社がインサイダーや相場操縦を疑われる取引について、例えば、証券取引等監視委員会による調査等を受けた場合、これらの取引は、金融商品取引法により規制されますが、最終的に多額の課徴金や刑事罰といった重大な不利益が課される可能性があります。そのため、専門的知見に基づく適切な防御活動等の対応を迅速に検討する必要があります。


証券取引等監視委員会は、事前に綿密な分析や内偵を行ったうえで調査を実施するため、調査を受けた後の極めて迅速な対応が必要となります。


当事務所には、株式取引の実務に対する深い知見を有する弁護士、証券取引等監視委員会での業務経験を有する弁護士、特捜部等の所属し、インサイダー取引や相場操縦に係る捜査や公判の経験等を有する弁護士等が所属しており、案件ごとに最適なチームを組成し、最善の対応に努めています。

 

 

関連資料

関連弁護士

パートナー

早川 真崇 Masataka Hayakawa

お問い合わせ
パートナー

渥美 陽子 Yoko Atsumi

お問い合わせ
オブ・カウンセル

清水 真一郎 Shinichiro Shimizu

お問い合わせ
オブ・カウンセル

鈴木 大輔 Daisuke Suzuki

お問い合わせ